インターカジノ 地方銀行



ボーナスが多いインターカジノ

インターカジノ 地方銀行について。

銀行入金出金の全般の話はこちら

1インターカジノ 地方銀行

2バウチャー購入銀行振込

3入金手数料と口座開設

4出金方法

5出金手数料出金時間

1インターカジノ 地方銀行

インターカジノに限らずオンカジを使う場合には地方銀行で入金出金を行いたいという人はいると思います。地元の地方銀行の口座をメインで使っているとかそこしか口座がない人もいると思います。
最近は入金方法に関しては充実しているオンカジが増えました。それでも銀行入金に関して言えば使える銀行が限られるという入金方法もあります。銀行入金するときにどんな銀行が使えるかを解説していきます。
都市銀行やネットバンクを利用したほうが振込手数料がかからなくて便利なときもありますけど。給与振込などを考えると地方銀行を利用したほうが便利な場合も多いでしょう。
近くに銀行やATMがあるほうがすぐに引き出しできますしね。銀行数で考えれば地方銀行のほうが多いというのはあると思います。それをネットバンクにして利用している人も多いと思いますが。
インターカジノで地方銀行から振込できる方法があるかというとできる方法とできない方法があります。バウチャー購入という銀行振込方法があってこれは地方銀行の一部しか対応してません。
もう一つの方法として普通の銀行振込があるのでこちらなら地方銀行からでも振込はできます。銀行振込は2種類。あとはクレジットカード。電子ウォレットと仮想通貨の入金に対応しています。
それでも入金として使うのはほとんどの方が銀行入金かクレカ入金だと思います。日本国内の銀行ならどこでも銀行出金できるようになっています。

2バウチャー購入銀行振込

インターカジノもキュラソーライセンスになってから入金方法の種類や最大入金額や最大出金額の制限が厳しくなくなったように思います。他のオンカジも追随してなのかキュラソーライセンスの会社が増えていますね。
バウチャー購入という銀行入金方法は17銀行とかしか対応していません。その中でも対応している銀行は2銀行くらいほとんどの人には利便性が良い入金方法ではないです。
ただバウチャー購入にはメリットがあって銀行の営業時間外でもすぐに入金反映しますけど。問題があるとすると対応銀行が少ないことと少額でも結構手数料がかかります。
もう一つの銀行振込では地方銀行どころか信用金庫などでも対応しています。夜遅くにATMから振り込むこともできるわけです。問題があるとすると振込手数料がかかること。
あとは銀行営業時間外だと遅ければ翌日や翌週回しになることですかね。地方銀行しか入金手段がない方でも一応入金はできるわけです。注意しないといけないのはインターカジノは通貨がドルです。
ドルが通貨になっているオンカジに入金すると為替手数料がかかってくることになります。為替手数料も数%かかりますし少額の入金でも500円位は手数料がかかる感じだと思います。
このあたりも考えて銀行入金するかクレカ入金するかなどを考えましょう。入金方法と出金方法は同じであることを求められるので出金方法を考えて入金方法を選ぶ流れにもなると思います。

3入金手数料と口座開設

とりあえず地方銀行でも入金ができればありがたいのですが手数料のことを考えて別の入金方法を使うのも選択肢ではあると思います。銀行入金でも入金手数料を下げるのが課題なだけですが。
銀行入金もクレカ入金も電子ウォレット入金も入金に関してどこかで手数料はかかるので同じようなものかなというのはありますけどね。地方銀行で入出金できるといっても使いやすい口座で口座開設するのもいいです。
ネット通販などで決済するときにも都市銀行やネットバンクは手数料が安くなることも多いのでできれば口座を持っておいたほうがいというのはあります。
口座開設は面倒ですが持っているだけでも利便性はかなり高いというのはあると思います。もう一つの方法としては電子ウォレットを使う方法もあると思います。
電子ウォレットなら地方銀行からでも振込ができるケースが多いです。利用者が特におおいのはペイズやベガウォレットだと思います。地方銀行からペイズやベガウォレットに入金します。
ペイズやベガウォレットからインターカジノなどのオンラインカジノに入金することができます。結果的に2回送金しているので面倒さはあります。もちろんペイズやベガウォレットに出金することもできます。
ペイズやベガウォレットとインターカジノなどのオンカジとのお金のやりとりなら不便はないので電子ウォレットにお金を貯めておけばそんなに入金の手間はないかと思います。

4出金方法

仮想通貨は相場の変動が大きいですし手数料もかなりかかるので仮想通貨よりは電子ウォレットのほうがいいのではないでしょうか。とはいえ仮想通貨を購入してすぐに全額入金するなら相場の変動はないです。
出金してからもすぐに円に変えてしまえば相場の影響は殆どないと思います。あとは資金移動と為替手数料がけっこうかかるという問題くらいでしょうか。
入金出金に関してはすぐに反映されていい方法だとは思うのですけど。仮想通貨の口座開設も銀行口座を作る手間と同じですしなにより新しい方法を覚えるのが面倒だというのはあると思います。
地方銀行から入金するといっても最近はインターカジノをはじめオンラインカジノの会社は代行決済会社というのを日本においているようです。なのでそこに振り込ませてそこから送金してもらいます。
地方銀行から直接海外へ送金するわけではないので手間取るわけではありません。海外銀行送金しか受け付けていないオンラインカジノは別ですけど。
なのでインターカジノをはじめオンラインカジノで海外送金なしに入金できるのはありがたいのです。手数料がかかるといっても海外送金を使うよりはずっと安いですので。

5出金手数料出金時間

出金にかんしても代行決済会社をつかっているので国内銀行出金になります。海外銀行出金だと電話確認があります。さらに返答理由によっては差し戻しになりますのでハードル高いです。
それが国内銀行出金になっていれば時間もかかりませんし手数料も少ないのです。電子ウォレット仮想通貨でも出金はできるのですが使われるのは銀行出金がダントツでおおいと思います。
銀行出金は手数料が一律1.5%です。出金額がおおきいほどかなりの負担になります。それでも電子ウォレットも仮想通貨でも日本の銀行にお金を移すときに手数料がかかるのでおなじようなものです。
さらに出金でもドルを円に変えると為替手数料がかかるので目減りはすると思います。ただし銀行出金は電子ウォレットや仮想通貨に比べて時間がかかる傾向があります。
都市銀行やネットバンクで通常2,3日くらいです。土日を挟むとさらに着金までの時間がかかります。地方銀行のほうが少し着金は遅いかもしれません。
出金時には入金方法と同じであることがもとめられるので。銀行でも入金した銀行と同じ銀行で出金が求められます。これは電子ウォレットでも仮想通貨でも同じです。
唯一クレジットカード入金は戻せないので違う出金方法を選んで出金することになります。とりあえず地方銀行でも入金出金できる方法は揃っているとは言えるのではないでしょうか。

1インターカジノでは地方銀行で入金出金できます

2バウチャー購入は2銀行銀行振込は全銀行対応です

3入金手数料は入金方法で異なりますが500円はかかります

4出金方法として地方銀行に出金することは可能です

5出金手数料は一律1.5%出金時間としては3日位で着金



ボーナスが多いインターカジノ

関連記事

インターカジノを使い始めて数年です。ボーナスがたくさんもらえるのがいいですね。これからオンカジを始める人にはおすすめの会社の一つだと思います。遊雅堂も同じ系列会社でおすすめです。
TOP